初心者が1ヶ月でAmazonアソシエイトの審査に合格する方法

ブログ
この記事は約5分で読めます。

この記事では、初心者の私がAmazonアソシエイトの審査にどのようにして合格したのかをお話します。

時系列でまとめると、

Amazonアソシエイトの審査合格までの流れ
  • 2018/11/25
    ブログ開始
    情報共有とアウトプットのためブリグを始める
  • 2018/11/26
    Amazonアソシエイトの審査不合格
    何も知らないままAmazonアソシエイトに申請するも、記事数不足ですぐに不合格に
  • 2018/12/17
    Googleアドセンスの審査に合格
    記事数が23記事になったとことで、先にGoogle AdSenseに申請して合格
  • 2018/12/26
    「もしもアフィリエイト」経由でAmazonと提携
    「もしもアフィリエイト」というASP経由でAmazonと提携できることを知り申請してみたところ、すぐに合格
  • 2018/12/27
    Amazonアソシエイトの審査に合格
    続いてAmazonアソシエイトに直接申請し、ついに合格

という流れになります。

スポンサーリンク

【ブログ2日目】Amazonアソシエイトの審査に1回落ちた

実はAmazonアソシエイトの審査には1回落ちています。

といっても、初めて2日目、記事数2、お問い合わせフォーム・プライバシーポリシー無しの無知な状態で申請したので、今思えば当たり前でした。

一度Amazonアソシエイトのことを忘れてブログを充実させることにしました。

スポンサーリンク

【ブログ23日目】Google AdSenseの審査に通過した

ある程度ブログが充実したところで、先にGoogle AdSenseの方に申請して、見事1発で合格することが出来ました。

初心者が3週間でGoogle AdSenseに合格する方法については以下の記事に詳しく書いています。

スポンサーリンク

【ブログ32日目】「もしもアフィリエイト」経由でAmazonと提携した

もしもアフィリエイト」でもAmazonと提携できることを知りました。

しかも、「もしもアフィリエイト」経由の方が、Amazonアソシエイトよりも以下のメリットがあるのです。

  • 審査がゆるい
  • 1000円から振込可能(SBI銀行なら1円から)
  • 手数料無料
  • 「W報酬制度」で10%のボーナス報酬


Amazonアソシエイトでは逆に以下のデメリットがあります。

  • 審査が厳しい
  • 5000円からのみ振込可能
  • 手数料300円

なので、「もしもアフィリエイト」経由でAmazonに申請してみたところ見事1発で提携できました。

「もしもアフィリエイト」は「W報酬制度」の他にも、検索キーワードからサイトに合う広告を自動で紹介してくれる「自動マッチング」機能もあるので、登録しておくと役に立ちます。

スポンサーリンク

【ブログ33日目】Amazonアソシエイトの審査に通過した

さて、本題のAmazonアソシエイトについてです。

Amazonアソシエイトに申請した理由

WoedPressの無料テーマ「Cocoon」を使用していると、「カエレバ」風の商品リンクを簡単に作成できます。

しかし、そのためには以下のものが必要となります。

  • API(Amazon.co.jp Product Advertising )の「アクセスキー」と「シークレットキー」
  • Amazonアソシエイトの「トラッキングID」

これらを取得するためAmazonアソシエイトに申請することにしました。

審査期間は約14時間

審査期間は約14時間でした。

申請したのが2018年12月26日の夜20時前で、27日の朝10時過ぎには承認のメールが届いていました。

「提携審査には数週間かかる場合がある」ともしもアフィリエイトの詳細情報に書いてありましたので、覚悟していましたが思ったより早かったです。

申請時のブログの期間、記事数、文字数、広告、Amazonでの購入経験

Amazonアソシエイトの審査に申請したときのブログの期間、記事数、文字数、広告、Amazonでの購入経験などをまとめました。

ブログの期間は約1ヶ月

ブログを初めたのが2018年11月25日で、申請したのが12月26日なので、約1ヶ月でした。

記事数は30記事

記事数は1日1記事のペースで大体書いていたので、30記事の状態でした。

文字数は最低1000文字

文字数は短い記事で1000文字程度、長い記事で5000文字程度でした。

Google AdSenseの広告あり

Google AdSenseの方にはすでに合格していたので、AdSenseの自動広告をガンガン表示させていました。

消しておいたほうが良いという噂もありましたが大丈夫だったようです。

ASPの広告あり

A8.net」や「もしもアフィリエイト」などのASP(Affiliate Service Provider)広告も記事内に載せていました。

これも特に問題ありませんでした。

「カエレバ」を使ったAmazonリンクを作成していた

すでに「もしもアフィリエイト」経由ではAmazonと提携していたので、「カエレバ」を使ってAmazonの商品リンクを作成していました。

これはブログでしっかり商品を紹介しますよというアピールになったかもしれません。

Amazonでの購入経験無し

申請したメールアドレスでAmazonの購入経験はありませんでした。

購入履歴を作っておいたほうが良いという噂がありますが、無くても合格できるようです。

スポンサーリンク

Amazonアソシエイト合格のまとめ

この記事では、初心者が約1ヶ月でAmazonアソシエイトの審査に合格するまでの流れを時系列でまとめました。

WordPressテーマの「Cocoon」で「カエレバ」風のAmazonリンクを簡単に作成するために、Amazonアソシエイトと提携しました。

審査に通過したときのブログの状態をまとめると以下のようになります。

  • ブログ開始から約1ヶ月
  • 記事数は30記事
  • 最低文字数は1000文字
  • Google AdSenseの広告あり
  • ASPの広告あり
  • 「カエレバ」を使ったAmazonリンクあり
  • Amazonでの購入経験無し

少しでも参考になれば幸いです。

コメント