初心者が3週間でGoogle AdSenseに合格する方法

ブログ
この記事は約6分で読めます。

こんにちは。

今回は、ブログ全くの初心者の私が3週間でGoogle AdSenseの審査に合格したお話をします。

  • 最近AdSenseの審査が厳しくなっている
  • 最低でも20記事は必要
  • 3記事で通過した
  • 最低2000文字は必要
  • 何度申請しても通過できない
  • 画像を貼っていたらだめ
  • 他の広告があったらだめ

など様々な噂、情報を耳にしていました。

私は審査に落ちることがあまり好きではないので、これならいけるだろうという状態にブログを仕上げてから申請してみたところ、見事一発で合格できました。

そこで、Google AdSenseに一発で合格したい初心者の方のために、申請時の記事数、文字数、PV数、固定ページ、テーマなどについてまとめ、噂についても検証しました。

スポンサーリンク

ブログ開始からGoogle AdSense合格まで3週間

私がブログを開始したのは2018年11月25日(日)で、Google Adsenseに申請したのが3週間後の12月16日(日)、合格したのが翌朝の17日(月)でした。

なので、正確には3週間と1日ですが、約3週間でした。

初めの頃は、

  • ワードプレスって何?
  • レンタルサーバーって実物が家に届けられるの?

っていう右も左も分からない状態でした。

そこから、ネットや本で勉強して記事をアップしたり、Twitterを初めてみたりしてようやくGoogle AdSenseに合格できました。

ブログのスタート地点に立てた感じです。

スポンサーリンク

申請から合格まで12時間

申請したのが日曜日の夜21時過ぎで、合格の連絡が月曜日の9時過ぎだったので約12時間でした。

Google AdSenseからのメールでは、「通常1日で終わるけど場合によっては長くかかるよ」という主旨のことが書いてあったので、思っていたより早かったです。

合格メールには「おめでとう!」と大きな文字が画像の上に出ていまして、非常に嬉しかったです。

スポンサーリンク

記事数は23記事

記事数は23記事の段階で申請しました。

最低20記事は必要、30記事は必要など色んな情報がありましたが、20記事を超えた段階で、待てなくなってしまったのと、これぐらいでいけるだろうと思い切って申請しちゃいました。

結果的に一発で合格できたので良かったです。

なので、20記事あれば合格できる可能性が高いということです。

スポンサーリンク

文字数は1000文字以上

文字数についても最低1000文字やら2000文字やら600文字やらいろんな情報が出回っていました。

私はダラダラ長く書くことがあまり得意ではないため、とりあえず全記事1000文字以上の状態にしました。

したがって、私の経験から言えることは、最低1000文字あれば合格できる可能性が高いということです。

スポンサーリンク

PV数ほぼゼロ(自分のみ)

「Google Analytics」に登録していたため、自分のブログのPV数を見ることができましたが、自分以外ほぼゼロでした。

記事確認のために自分で開いた分しかほとんどカウントされていないのです。

実は20記事の段階でモチベーションも少し下がってしまっていました。

しかし、1番最初の記事をリライトしたり、趣味のテニスについての記事を書くことで再びモチベーションを上げることができました。

スポンサーリンク

エックスサーバーを契約

サーバーは安くて高品質なエックスサーバーを契約しています。

使用者が多いためネット上に情報が多く、初心者でも特に困ることはありませんでした。

一番安い「X10プラン」をとりあえず3ヶ月契約しています。

スポンサーリンク

独自ドメインを使用

エックスサーバーのキャンペーンで独自ドメインを無料でゲットしましたので、それを使っています。

レンタルサーバーや独自ドメイン、WorsPressについては、初心者でも長期的にブログを運営するならレンタルサーバー+独自ドメイン+WordPress(ワードプレス)でも簡単にまとめています。

スポンサーリンク

WordPressのテーマは無料のCocoonを使用

いきなり有料ブログで初めたので、テーマぐらいは無料に抑えたいと思って無料のCocoonを使用しています。

このCocoonというテーマを選んで大正解だったと思っています。

初心者にも使いやすい感覚的で便利な機能があります。

慣れてきたらデザインやメニューのカスタマイズをするのも楽しいです。

Cocoonについては改めて記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

フリー画像あり

フリー画像ダウンロードサイト「写真 AC」の画像や、自分で撮影した画像をたくさん使用していますが、特に問題はなかったようです。

「画像を載せていたらだめ」という噂もありましたが、これは嘘でした。

スポンサーリンク

youtube埋め込み動画あり

画像だけでなくyoutubeの埋め込みページもありました。

これも公式な配信の動画であるため、もちろん問題ありませんでした。

スポンサーリンク

ASPの広告あり

さらに、A8.net というASP(Affiliate Service Provider)の広告を貼っているページもありましたが、これも特に問題ありませんでした。

「A8.net」はアフィリエイトサービスの中でも最大級で、幅広いジャンルを扱っているので、初心者の方が最初に選ぶASPとしておすすめです。

スポンサーリンク

審査に必要な固定ページの作成

審査時にあった方が良いとされている、

  • お問い合わせフォーム
  • プライバシーポリシー
  • プロフィール

の固定ページを作っておきました。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームを作成するには、「Contact Form 7」というプラグインが簡単で便利です。

作成したお問い合わせフォームの固定ページのリンクをグローバルメニューやフッターメニューに挿入していました。

WordPress(ワードプレス)でお問い合わせフォームを作成するためのプラグイン「Contact Form 7」については以下の記事を見てください。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーはWordPressのデフォルトのプライバシーポリシーページを加筆修正しました。

WordPressでは「設定」→「プライバシー」からプライバシーページを作成することができます。

実際に審査に通過したプライバシーポリシーは、デフォルトのプライバシーポリシーページをもとに、ネット上のコピペ可のものを参考にして作成しました。

コピペでも問題なかったようです。

プロフィール

簡単にですが、私のプロフィールページも作成しておきました。

サイドバーにプロフィール欄を表示させるのは、Cocoonテーマを使っていれば簡単でした。

スポンサーリンク

Google AdSenseに合格した状況のまとめ

この記事では初心者の私が3週間でGoogle AdSenseに合格したときのブログの状況についてまとめました。

記事最初の噂について、私の場合に照らし合わせると以下のようになりました。

  • 最近AdSenseの審査が厳しくなっている
    →以前と比較できないのでわかりませんが、初心者でも十分通過できる
  • 最低でも20記事は必要
    20記事あれば通過できる
  • 3記事で通過した
    →強者であれば可能?
  • 最低2000文字は必要
    1000文字でも大丈夫
  • 何度申請しても通過できない
    →しっかり準備すれば1回で通過可能
  • 画像を貼っていたらだめ
    →フリー画像や自分で撮影した画像(さらにyoutubeの埋め込み動画)があっても大丈夫
  • 他の広告があったらだめ
    →他のASPの広告があっても大丈夫

Google AdSenseに合格したい初心者の方の少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント