iPhoneやSiriの言語を英語に設定する方法とメリット

iPhone
この記事は約4分で読めます。

今回は、iPhoneの言語を英語に設定する方法とそのメリットについてお話します。

(もちろん、Androidでも同様の設定があると思います。)

毎日の生活に欠かせないスマホであれば毎日英語に触れることになりますので、自然に英語力が上がっていきます

特に

英語力を無理なく上げたい人

におすすめです。

さらに、

英語を話したいが、機会がない人

のために、Siriの言語を英語に設定する方法とメリットも合わせてご紹介します。

Siriとは、Speech Interpretation and Recognition Interface(発話解析と認識インターフェース)の略。Hey Siriで起動できる音声アシスタント機能。

それでは早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

言語を英語に設定する方法

まずは、言語を英語に設定する方法を説明します。

手順は簡単です。

設定から一般を選択

まずは、ホーム画面で歯車マークの設定をタップし、「一般」を選択します。

言語と地域を選択

次に、「言語と地域」を選択します。

iPhoneの使用言語を選択

続いて、「iPhoneの使用言語」を選択します。

Englishを選択

最後に、「English」を選択して右上の「完了」をタップします。

以上でiPhoneの言語が英語に設定されました。

スポンサーリンク

言語を英語に設定するメリット

次に、言語を英語に設定するメリットについてお話します。

英語表記に慣れる

iPhoneの言語を英語に設定すると、例えば以下のような変化があります。

ロック解除画面の日付が英語になる

おやすみモードの通知も英語になっていますね。

アプリ名や一部のアプリの中身が英語表記になる

例)Calculator、Weather、Contacts、Stocks、Maps、・・・

マップアプリでは以下の画像のように、地名や住所が英語表記になっています。

経路案内も「Turn left」などと英語でやってくれます。

こんな感じで英語に接する機会が増えますので、英語表記に慣れて自然と英語力が上がっていきます

かっこいい

iPhoneを友達に見せたときなどに英語表記だと少しびっくりされることがあります。

上の画像のような表記がかっこいいと思う人はやってみるといいと思います。

(私はかなりいけてると思っています)

スポンサーリンク

Siriの言語を英語に設定する方法

Siriの言語を英語に設定することでSiriと英語で会話することができます。

以下の4つのステップで簡単に設定できます(英語表記になっています)。

  1. Home画面で歯車マークのSettingsをタップ
  2. Siri & Searchを選択
  3. Languageを選択
  4. English(United States)を選択

以上で設定は完了です。

スポンサーリンク

Siriの言語を英語に設定するメリット

英語の会話ができる

英語を話したいけど英語を話す機会がなかなかない人でも、Siriと英語で会話することができます。

例)What day is it today? → It’s Sunday, December 2, 2018.

などと返事してくれます。

他にも、

例)Wake me up tomorrow at 6am.

などとアラームの設定を英語でできたりします。

どんな英語を言えばいいかわからなくても、Siriの画面で例をたくさん見れるので、まずは簡単なものから挑戦してみてください。

英語の発音を確認できる

間違った発音をしていると、Siriにちゃんと伝わりませんので、自分の発音の確認ができます。

苦手な単語を何回か発音して練習みるのも良いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。

今回は、iPhoneの言語を英語に設定する方法と合わせて、Siriと英語で会話する方法についてご紹介しました。

英語表記に慣れたり英語で会話する練習ができるので、ぜひやってみてください。

Siriとの会話に使える簡単な例文をまとめました。

コメント