iPhoneの画像をWindowsパソコンで簡単に開く方法

iPhone
この記事は約2分で読めます。

この記事では、iPhoneの画像をWindowsパソコンで簡単に開く方法をご紹介します

Macであれば、iCloudを使って写真やメモなどを簡単に共有できます。

Windowsだと共有が面倒だと思っていませんか?

実は簡単な方法があります。

WindowsではiCloudをインストールする方法もありますが、より簡単でパソコンが重くならないようにブラウザからiCloudにログインする方法にします。

それでは、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

WindowsパソコンでiPhoneの画像を共有する方法

iCloudにログインする

ブラウザで「icloud」と検索し、ログインページに

まずはicloudのログインページにいきます。

リンクからもいけますが、ブラウザで「icloud」と検索すると、「Sign in to iCloud – Apple」というページがおそらく一番上に出てきますのでクリックします。

iCloudへサインイン

すると以下のようなログイン画面になりますので、Apple IDとパスワードを入力します。

このとき、「サインインしたままにする」にチェックを入れておくと、後でサインインの手間が省けます。

入力し終わったら、2ファクタ認証をします。

iPhoneに通知が来ていますので、6つの数字を入力します。

2ファクタ認証が完了すると、そのブラウザを信用するかどうか聞かれます。

「信用する」にすると、後でサインインが不要になります。

写真をダウンロードする

iCloudへサインインすると、以下の画面になります。

これでiPhoneの画像をWindowsパソコンでも簡単に開けるようになりました。

もちろん、画像以外にもメール・連絡先・カレンダー・iCloud Drive・メモ・リマインダー・Pages・Numbers・Keynote・友だちを探す・iPhoneを探す・設定と言った様々なものにアクセスできます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、iPhoneの画像をWindowsパソコンでも簡単に共有する方法をご紹介しました。

手順としては、

  1. ブラウザでiCloudへサインイン
  2. 好きな画像をダウンロード

するだけで非常に簡単です。

これまでiCloudを活用していなかった人は、ぜひ試してみてください。

コメント