【2019】アルゼンチン・オープン|放送日程ドロー結果|ダニエル太郎出場

男子ATP
この記事は約8分で読めます。

アルゼンチン・オープン(Argentina Open)は、アルゼンチン、ブエノスアイレスで毎年2月に開催されるATP250の大会です。

日本のダニエル太郎が出場します。

スポンサーリンク

Tournament|大会概要

大会名アルゼンチン・オープン
(Argentina Open)
カテゴリーATP250
開催期間2/11(月)-2/17(日)
開催地アルゼンチン、ブエノスアイレス
時差-12時間(日本が12時間進んでいる)
開催会場ブエノスアイレス・ローン・テニス・クラブ
サーフェス屋外クレーコート
賞金総額$568,200 (約6300万円)

今大会の獲得ポイントと、2018年大会の賞金は以下のようになっています。

ポイント賞金
優勝250$97,470=約1,100万
準優勝150$51,355=約570万
ベスト490$27,810=約310万
ベスト845$15,840=約180万
ベスト1620$9,335=約100万
ベスト320$5,530=約60万

同時開催中のABNアムロ世界テニス・トーナメントには錦織圭が出場しています。

スポンサーリンク

TV Programs|放送予定

WOWOW、GAORA、Paraviでの放送予定はありません。

WOWOWテレビ放送×
GAORAテレビ放送×
WOWOWオンデマンド配信×
Paraviネット配信×
スポンサーリンク

Players|出場選手

主な出場選手は以下のとおりです。

トップ10からはティエムが、日本からはダニエル太郎が出場予定です。

世界
ランク
プレーヤー
8位[1]ドミニク・ティエム
13位[2]ファビオ・フォニーニ
17位[3]ディエゴ・シュワルツマン
19位[4]マルコ・チェッキナート
39位ジョアン・ソウザ
41位ニコラス・ジャリー
42位ドゥシャン・ラヨビッチ
43位マレク・ジャジリ
49位レオナルド・メイヤー
59位ギド・ペジャ
65位アルヤズ・ベデネ
69位ダニエル太郎
70位ギド・アンドレオッシ
71位アルベルト・ラモスビノラス
74位ロベルト・カルバレスバエナ
76位マクシミリアン・マーテラー
77位フェデリコ・デルボニス
81位ハウメ・ムナル
95位クリスチャン・ガリン
107位フェリックス・オジェアリアシム
112位フアン・イグナシオ・ロンデーロ
126位ダビド・フェレール
570位Francisco Cerúndolo
スポンサーリンク

Draws|ドロー表・トーナメント表

ドロー表が発表され次第まとめます。

(2019/2/13)

ドローが発表されました。

ダニエル太郎は順当に勝ち進むと、

  • 1回戦:カルバレスバエナ
  • 2回戦:[6]ソネゴ
  • 準々決勝:[3]チェッキナート
  • 準決勝:[2]フォニーニ
  • 決勝:[1]ティエム

と対戦する厳しいドローです。

スポンサーリンク

Schedule|日程

大会スケジュールは以下のとおりです。

時差が12時間なので、日本の深夜2:30~試合が始まり、お昼前までやっています。

日付時間ラウンド
2/12(火)2:30~1回戦
2/13(水)2:30~1回戦
2/14(木)2:30~2回戦
2/15(金)2:30~2回戦
2/16(土)2:30~準々決勝
2/17(日)2:00~準決勝
2/18(月)2:00~決勝
スポンサーリンク

History|大会の歴代優勝者

アルゼンチン・オープンの過去10年の優勝者は以下のとおりです。

優勝者
2009年トミー・ロブレド
2010年ファン・カルロス・フェレーロ
2011年ニコラス・アルマグロ
2012年ダビド・フェレール
2013年ダビド・フェレール
2014年ダビド・フェレール
2015年ラファエル・ナダル
2016年ドミニク・ティエム
2017年アレクサンダー・ドルゴポロフ
2018年ドミニク・ティエム

2018年はティエムが優勝

2018年はティエムが決勝でベデネに6-2,6-4のストレートで勝利して優勝しました。

スポンサーリンク

Featured Players|注目選手と大会展望

ドミニク・ティエム

ティエムは2016年と2018年に優勝しています。

全豪オープン2回戦で途中棄権し、その後のコルドバ・オープンを感染症で棄権したため状態が気になりますが、クレーコートではやはり優勝候補です。

ダビド・フェレール

フェレールは2012年~2014年まで3連覇しています。

今年のスペイン大会で引退を発表していますが、年始のホップマンカップではズベレフからセットを奪うなど、まだまだ力は健在です。

ダニエル太郎

全豪オープンでは、2回戦でシャポバロフに敗れてしまいましたが、デビスカップでは中国選手にシングルスで2勝しています。

唯一優勝した大会もクレーコートで、クレーが得意なので今大会も期待できそうです。

スポンサーリンク

Results & Highlishts|結果とハイライト

日毎の注目試合とその結果、ハイライトなどをまとめていきます。

1日目|1回戦|2/11(月)~2/12(火)

2:30~

C.ガリン2376
F.オジェアリアシム1653
F.バグニス042
M.マーテラー266
A.ラモスビノラス266
R.ドゥトラシルバ034
[6]N.ジャリー1743
L.ソネゴ26(3)66

第6シードのジャリーが初戦でソネゴに敗れました。

2日目|1回戦|2/12(火)~2/13(水)

2:30~

R.カルバレスバエナ266
ダニエル太郎010
D.フェレール276
[8]M.ジャジリ06(133
J.ロンデーロ034
[5]J.ソウザ266
J.ムナル2626
F.デルボニス1261
F.Cerundolo1641
G.ペジャ2366
G.アンドレオッシ166(5)2
A.ベデネ2176
M.アレバロ021
P.クエバス266
[7]D.ラヨビッチ036(3)
L.メイヤー267

ダニエル太郎はカルバレスバエナに1-6,0-6の1時間で完敗でした。

デビスカップでの疲れが取れていなかったのかもしれません。

来週のリオ・オープンにも出場するので頑張って欲しいです。

フェレールは第8シードのジャジリにストレートで勝利しました。

2回戦では同じスペインのラモスビノラスと対戦します。

3日目|2回戦|2/13(水)~2/14(木)

2:30~

L.ソネゴ051
R.カルバレスバエナ276
L.メイヤー1466(5)
G.ペジャ2617
C.ガリン06(4)4
M.チェッキナート276
J.ムナル2467
[2]F.フォニーニ1645

4日目|2回戦|2/14(木)~2/15(金)

2:30~

P.クエバス267
[5]J.ソウザ045
A.ラモスビノラス2376
D.フェレール166(9)3
[1]D.ティエム266
M.マーテラー044
[4]D.シュワルツマン2626
A.ベデネ1462

5日目|準々決勝|2/15(金)~2/16(土)

2:30~

R.カルバレスバエナ06(3)4
[3]M.チェッキナート276
G.ペジャ26(3)76
J.ムナル176(9)1
[1]D.ティエム2466
P.クエバス1643
[4]D.シュワルツマン267
A.ラモスビノラス015

6日目|準決勝|2/16(土)~2/17(日)

2:00~

[3]M.チェッキナート266
G.ペジャ042
[1]D.ティエム1646(5)
[4]D.シュワルツマン2267

第1シードのティエムが第4シードのシュワルツマンにフルセットで敗れました。

シュワルツマンはティエムのマッチポイントを凌いで勝ちました。

地元アルゼンチンの決勝で第3シードのチェッキナートと戦います。

7日目|決勝|2/18(月)

2:00~

[4]D.シュワルツマン012
[3]M.チェッキナート266

過去の対戦成績はシュワルツマンの1勝0敗です。

チェッキナートがシュワルツマンを圧倒してキャリア3勝目を挙げました。

  • 国際テニス連盟(ITF)公認球
  • 耐久性の高いフェルトで摩耗しにくい
  • マッサージにも使える硬さ

コメント