【デビスカップ2019】日本代表vs中国|放送日程出場選手結果

男子ATP
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

Tournament|大会概要

デビスカップ(Davis Cup)予選は、男子テニスの国別対抗戦の予選です。

普段は個人でプレーしているテニス選手が、母国を代表して団体戦をします。

日本と中国は2009年以来10度目の対戦で、過去の対戦成績は日本の8勝1敗です。

開催期間:2/1(金)-2/2(火)

開催地:中国、広州(時差:日本が1時間進んでいる)

会場:広州オリンピックテニスセンター

サーフェス:屋外ハードコート

試合:3勝したチームの勝利
1日目:シングルス2試合
2日目:ダブルス1試合→シングルス2試合

スポンサーリンク

TV Programs|放送予定

放送予定

  • WOWOWで連日生中継
  • WOWOWオンデマンドで配信

WOWOWは加入月は視聴料が無料です。
スポンサーリンク

Schedule|放送日程

大会スケジュールは以下のとおりです。

これまで3日間で行われたいましたが、2日間に短縮されました。

時差が1時間なので、観戦しやすい時間帯になっています。

日時内容
2/1(金)午前11:00~第1日
2/1(金)午後6:00~第1日
2/2(土)午前11:00~第2日
2/2(土)午後6:00~第2日
2/7(木)午後3:00~ハイライト
3/1(金)午後7:00~ハイライト
スポンサーリンク

Players|出場選手

錦織選手は出場しませんが、いま勢いのある日本人選手が出場します。

日本チーム

シングルスダブルス名前年齢
66位332位西岡良仁23歳
69位465位ダニエル太郎26歳
169位181位内山靖崇26歳
183位436位綿貫陽介20歳
21位マクラクラン勉26歳

中国チーム

シングルスダブルス名前年齢
208位88位ジャン・ザ28歳
225位157位リー・ゼ32歳
309位619位ウー・イービン19歳
321位236位ウー・ディ27歳
95位マオ・シン・ゴン31歳
スポンサーリンク

Results & Highlights|結果とハイライト

終わり次第、結果とハイライトをまとめていきます。

日本vs中国|3勝2敗

1日目終了時点で、日本と中国は1勝1敗のタイとなりました。

2日目に2勝した方が勝ちになります。


ダブルスで負けて1勝2敗の崖っぷちに追い込まれましたが、そこから西岡、ダニエルがシングルスで2連勝し、3勝2敗で日本の決勝進出が決まりました。

錦織が出場しなくても勝てるということは層が厚くなっている証拠ですね。

西岡良仁 vs リー・ゼ

西岡良仁032
リー・ゼ266

西岡(66位)は格下のリー・ゼ(225位)に1時間32分のストレートで敗れました。

ウィナーの数は西岡が7本に対し、相手は25本と差をつけられました。

まさかの初戦を落とすという波乱のスタートとなりました。

ダニエル太郎 vs ジャン・ザ

ダニエル太郎276
ジャン・ザ06(3)4

2試合目を託されたダニエル(69位)はジャン・ザ(208位)に1時間47分のストレートで勝利しました。

凡ミスの数が相手は44本なのに対し、ダニエルは27本に抑えることができました。

これで初日は1勝ずつとなりました。

マクラクラン勉&内山靖崇 vs マオ・シン・ゴン&ジャン・ザ

マクラクラン勉/内山靖崇1576
マオ・シン・ゴン/ジャン・ザ2754

マクラクランと内山のペアはトータルポイントの差が2で惜しくも敗れてしまいました。

これで、日本は1勝2敗と後がなくなりました。

西岡良仁 vs ウー・イービン

西岡良仁266
ウー・イービン020

日本の崖っぷちの状態で登場した西岡はウー・イービンに52分で圧勝し、最後のダニエル太郎のシングルスに望みをつなぎました。

ダニエル太郎 vs リー・ゼ

ダニエル太郎266(4)6
リー・ゼ1373

日本と中国の勝敗が決る最後の試合で、ダニエル太郎が2時間46分の接戦を制して日本の決勝進出を決めました。

ダニエルは相手をコート後方に追いやってミスを誘い、57本の凡ミスを引き出しました。

予選結果一覧

全24カ国の予選結果を一覧にしておきます。

勝ったチームは11月の決勝に進出です。

ホームスコアアウェー
ブラジル1-3[1]ベルギー
ウズベキスタン2-3[2]セルビア
[3]オーストラリア4-0ボスニア・ヘルツェゴヴィナ
インド1-3[4]イタリア
[5]ドイツ5-0ハンガリー
[6]スイス1-3ロシア
[7]カザフスタン3-1ポルトガル
[8]チェコ1-3オランダ
コロンビア4-0[9]スウェーデン
[10]オーストリア2-3チリ
スロバキア2-3[11]カナダ
中国2-3[12]日本
スポンサーリンク

決勝進出チームまとめ

11月の決勝へ進出が決まったチームをまとめていきます。

前年度ワールド・グループ準決勝進出国であるクロアチア、フランス、スペイン、アメリカと、ワイルドカードのアルゼンチン、イギリスはすでに決勝進出が決まっています

全部で18カ国が出場できます。

決勝出場チーム
クロアチア
フランス
スペイン
アメリカ
[WC]アルゼンチン
[WC]イギリス
[1]ベルギー
[2]セルビア
[3]オーストラリア
[4]イタリア
[5]ドイツ
[7]カザフスタン
[11]カナダ
[12]日本
ロシア
オランダ
コロンビア
チリ
ATPテニス最新世界ランキングトップ10選手

ATPテニス最新世界ランキングトップ10選手

WTA最新世界ランキングトップ10

WTAテニス最新世界ランキングトップ10選手

男子ATP
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
\RFをフォローする/
ささいな情報

コメント