【2019】ドバイテニス選手権|放送日程ドロー結果|錦織フェデラー出場

男子ATP
この記事は約11分で読めます。

ドバイ・テニス選手権( Dubai Tennis Championships )またはドバイデューティーフリー・テニス選手権(Dubai Duty Free Tennis Championships)は、アラブ首長国連邦・ドバイで毎年2月から3月にかけて開催されるATP500の大会です。

スポンサーリンク

Tournament|大会概要

大会名ドバイ・テニス選手権(Dubai Tennis Championships)or
ドバイデューティーフリー・テニス選手権(Dubai Duty Free Tennis Championships)
カテゴリーATP500
開催期間2/25(月)-3/2(土)
開催地アラブ首長国連邦、ドバイ
時差-5時間(日本が5時間進んでいる)
開催会場ドバイデューティーフリー・テニスセンター
サーフェス屋外ハードコート
賞金$523,330(=約5,800万 )

今大会の獲得ポイントと、賞金は以下のようになっています。

ポイント賞金
優勝500$523,330=約5,800万
準優勝300$256,565=約2,800万
ベスト4180$129,100=約1,400万
ベスト890$65,655=約730万
ベスト1645$34,100=約380万
ベスト320$17,980=約200万

大坂なおみが出場したWTAドバイテニス選手権は以下の記事です。

同時開催中のメキシコ・オープンにはナダル、ズベレフらが出場しています。

スポンサーリンク

TV Programs|放送予定

GAORAで連日生中継、WOWOWオンデマンド、Paraviでネット配信されます。

WOWOWテレビ放送×
GAORAテレビ放送
WOWOWオンデマンド配信
Paraviネット配信
WOWOW

グランドスラム全4大会を生中継で放送。
WOWOWメンバーズオンデマンドではATPツアー37大会を配信。
月額料金:2,300円(税込2,484円)
加入月は視聴料無し

スカパー!(GAORA SPORTS)

マスターズ1000(全9大会)、ATP500(9大会)、年間最終戦ファイナルズの計19大会を生中継中心に徹底放送。
月額料金:基本料390円(税込421円)+GAORA SPORTSチャンネル視聴料1,200円(1,296円)~
加入月は視聴料無し
※お得なセット・パックプランもあります。

スポンサーリンク

Players|出場選手

現時点での出場選手は以下のとおりです(世界ランクは2019年2月21日時点のもの)。

トップ10からはフェデラー、錦織、チリッチが出場予定です。

世界
ランク
プレーヤー
6位[1]錦織圭
7位[2]ロジャー・フェデラー
10位[3]マリン・チリッチ
11位[4]カレン・カチャノフ
12位[5]ステファノス・チチパス
13位[6]ボルナ・チョリッチ
14位[7]ミロシュ・ラオニッチ
15位[8]ダニール・メドベージェフ
18位ロベルト・バウティスタアグート
20位ニコロズ・バシラシビリ
23位ガエル・モンフィス
26位フェルナンド・ベルダスコ
33位フィリップ・コールシュライバー
36位マートン・フチョビッチ
45位マシュー・エブデン
48位マッテオ・ベレッティーニ
49位ダミル・ジュムール
50位ミハイル・ククシュキン
54位ヤン=レナード・ストルフ
58位ロビン・ハーセ
59位ブノワ・ペール
61位[Q]デニス・クドラ
71位トマス・ベルディヒ
78位[Q]ホベルト・ホルカシュ
81位イーラ・イバシュカ
87位[Q]トーマス・ファビアーノ
94位[LL]イリ・ベセリ
110位[Q]リカルド・ベランキス
124位[WC]マルコス・バグダティス
128位[WC]ランクマー・ラマナサン
134位[Q]コレンティン・ムテ
161位[Q]イゴル・ゲラシモフ
161位[WC]モハンマド・サフワット
  • OUT:ベデネ → IN:イバシュカ
  • OUT:ククシュキン → IN:ベセリー
スポンサーリンク

Draws|ドロー表・トーナメント表

2019ドバイテニス選手権のドロー表は23日(土)18時ごろ発表予定です。

ドロー表が発表されました。

2019ドバイテニス選手権ドロー表
2019ドバイテニス選手権のドロー表

第1シードの錦織圭は順調に勝ち進むと、

  • 1回戦:ペール
  • 2回戦:ホルカシュor予選勝者
  • 準々決勝:[5]チチパス
  • 準決勝:[3]チリッチor[8]メドベージェフ
  • 決勝:[2]フェデラー

と対戦予定です。

第2シードのフェデラーは順調に勝ち進むと、

  • 1回戦:コールシュライバー
  • 2回戦:ベルダスコ
  • 準々決勝:[7]ラオニッチ
  • 準決勝:[4]カチャノフ or [6]チョリッチ
  • 決勝:[1]錦織圭

と対戦予定です。

勝ち進んだ最新版のドロー表は随時更新していきます。

2019ドバイテニス選手権男子シングルスのドロー表【最新版】
2019ドバイテニス選手権男子シングルスのドロー表【最新版】
スポンサーリンク

Schedule|日程

大会スケジュールは以下のとおりです。

時差が5時間なので日本のゴールデンタイムから試合が始まり、観戦しやすいですね。

日付時間ラウンド
2/25(月)19:00~/24:00~1回戦
2/26(火)19:00~/24:00~1回戦
2/27(水)19:00~/24:00~2回戦
2/28(木)20:00~/24:00~準々決勝
3/1(金)19:30~/24:00~準決勝
3/2(土)22:00~/24:00~決勝
スポンサーリンク

History|大会の歴代優勝者

ドバイテニス選手権の過去10年の優勝者は以下のとおりです。

優勝者
2009年ノバク・ジョコビッチ
2010年ノバク・ジョコビッチ
2011年ノバク・ジョコビッチ
2012年ロジャー・フェデラー
2013年ノバク・ジョコビッチ
2014年ロジャー・フェデラー
2015年ロジャー・フェデラー
2016年スタン・ワウリンカ
2017年アンディ・マレー
2018年ロベルト・バウティスタ・アグート

2018年はバウティスタアグートが優勝

2018年はバウティスタアグートが決勝でプイユに6-3,6-4でストレートで勝利して優勝し、ATP500の初タイトルを手にしました。

相手のプイユは連戦で疲れているようでした。

スポンサーリンク

Featured Players|注目選手と大会展望

錦織圭

年始のブリスベン国際で優勝し、全豪オープンでもベスト8まで勝ち残りました。

その後ロッテルダムの大会でも好調を維持しています。

ベスト4まで勝ち進み、準決勝ではワウリンカに惜しくも敗れました。

ロジャー・フェデラー

フェデラーはこの大会が得意で、2003~2005年、2007年、2012年、2014~2015年と計7度優勝しています。

3連覇を狙っていた全豪オープンでは、4回戦でチチパスにまさかの敗退となってしまいましたが、優勝候補筆頭です。

今年は2015年以来4年ぶりの全仏オープンへの出場も予定しており、モチベーションは衰えていません。

スポンサーリンク

Results & Highlishts|結果とハイライト

日毎の注目試合とその結果、ハイライトなどをまとめていきます。

1日目|1回戦|2/25(月)~2/26(火)

センターコート

【19:00~】

[Q]T.ファビアーノ1632
F.ベルダスコ2366
N.バシラシビリ266
[4]K.カチャノフ041

【24:00~】

P.コールシュライバー1461
[2]ロジャー・フェデラー2636
R.バウティスタアグート266
R.ラマナサン043

コート1

【19:00~】

D.ジュムール016(5)
M.フチョビッチ267
[7]M.ラオニッチ1474
J.ストルフ2656

第4シードのカチャノフと第7シードのラオニッチがまさかの初戦敗退となりました。

第2シードのフェデラーはコールシュライバーに2セット目を取られるなど少し苦戦しましたがなんとか勝利し、コールシュライバーとの対戦成績を14勝0敗に伸ばしました。

2回戦では過去6勝0敗のベルダスコと対戦します。

2日目|1回戦|2/26(火)~2/27(水)

センターコート

【19:00~】

[Q]R.ベランキス266
[8]D.メドベージェフ033
[1]錦織圭266
ブノワ・ペール043

錦織圭が曲者のペールにストレート勝ちしました。

ペールは第1セット第10ゲームでラケットを叩きつけたり、第2セット途中からは右膝を気にしたりして、集中力が欠けていました。

錦織は最後まで集中を切らしませんでした。

2回戦では、ホベルト・ホルカシュと初対戦します。

【24:00~】

[3]M.チリッチ1360
G.モンフィス2646
M.エブデン1463
[5]S.チチパス2636

コート1

【19:00~】

[Q]E.ゲラシモフ277
R.ハーセ06(2)6(5)
[WC]M.サフワト1634
[WC]M.バグダティス2466
T.ベルディヒ2647
[LL]I.イバシュカ0466(4)
[6]B.チョリッチ2737
[LL]J.ベセリー1566(4)

コート3

【19:00~】

M.ベレッティーニ1655
D.クドラ2277
H.ホルカシュ267
[Q]C.ムーテ035

3日目|2回戦|2/27(水)~2/28(木)

センターコート

【19:00~】

[1]錦織圭1572
[Q]H.ホルカシュ2756
G.モンフィス266
M.バグダティス032

【24:00~】

F.ベルダスコ1363
[2]R.フェデラー2636
[6]B.チョリッチ2167
T.ベルディヒ1616(4)

錦織圭が77位のホルカシュにフルセットで敗れるという波乱が起こりました。

第1セットではサービング・フォー・ザ・マッチから3ゲーム連続で落としてセットを取られてしまいました。

第2セットも5-1とリードしてから5-5に追いつかれ、苦しい展開になりました。

第3セットはホルカシュのいいプレーもあり、2-6で落としました。

コート1

【19:00~】

[Q]D.クドラ041
[Q]R.ベランキス266
R.バウティスタアグート1743
N.バシラシビリ26(2)66
[Q]E.ゲラシモフ031
[5]S.チチパス266

コート3

【21:00~】

ヤン・レナード・ストルフ042
M.フチョビッチ266

4日目|準々決勝|2/28(木)~3/1(金)

センターコート

【20:00~】

G.モンフィス266(3)6
[Q]R.ベランキス1172
H.ホルカシュ16(4)71
[5]S.チチパス276(1)6

【24:00~】

M.フチョビッチ06(4)4
[2]R.フェデラー276
[6]B.チョリッチ2467
N.バシラシビリ1626(1)

5日目|準決勝|3/1(金)~3/2(土)

センターコート

【19:30~】

[5]S.チチパス2477
G.モンフィス166(4)6(4)
[6]B.チョリッチ022
[2]R.フェデラー266

チチパスが好調なモンフィスを倒して決勝進出しました。

またこの勝利でトップ10入りも確定しました。

フェデラーは2連敗中のチョリッチ相手に圧勝で決勝進出を決めました。

決勝ではチチパスと全豪のリベンジマッチをします。

優勝すると、ドバイテニス選手権8回目、キャリア100回目のタイトルとなります。

6日目|決勝|3/2(土)~3/3(日)

センターコート

【24:00~】

[5]S.チチパス044
[2]R.フェデラー266

フェデラーがチチパスをストレートで下して、4年ぶり8回目の優勝、ツアー100勝目を飾りました。

お互いにスーパーショットが何本もあり、スコア以上にハイレベルな決勝戦でした。

今日のフェデラーはネットを多めに取り、よく決まっていました。

ブレークしたのは2回で、第1セットの第1ゲームと第2セットの第9ゲームなので、出だしと終盤ということになります。

ドバイテニス選手権の女子はスイスのベンチッチが優勝したため、スイスで男女アベック優勝です。

スポンサーリンク

優勝はフェデラー|表彰式や海外SNSの反応

表彰式の前のオンコートインタビューでは、これまでのドバイテニス選手権での優勝の振り返る以下の動画が会場で流れました。

「ロジャー・フェデラー、100個目のキャリアタイトルおめでとう」

全仏オープン公式

  • 国際テニス連盟(ITF)公認球
  • 耐久性の高いフェルトで摩耗しにくい
  • マッサージにも使える硬さ

コメント