【2019】ドバイテニス選手権・女子|放送日程ドロー結果|大坂なおみ出場

女子WTA
この記事は約14分で読めます。

WTAドバイ・テニス選手権( Dubai Tennis Championships )は、アラブ首長国連邦・ドバイで毎年2月に開催されるWTAプレミア5の大会です。

スポンサーリンク

Tournament|大会概要

大会名ドバイ・テニス選手権
(Dubai Tennis Championships)
カテゴリーWTAプレミア5
開催期間2/17(日)-2/23(土)
開催地アラブ首長国連邦、ドバイ
時差-5時間(日本が5時間進んでいる)
開催会場ドバイデューティーフリー・テニスセンター
サーフェス屋外ハードコート
賞金$520,615(=約5,800万)

今大会の獲得ポイントと、賞金は以下のようになっています。

ポイント賞金
優勝900$520,615=約5,800万
準優勝585$260,310=約2,900万
ベスト4350$130,030=約1,400万
ベスト8190$59,960=約660万
ベスト16105$29,695=約330万
ベスト3260$15,240=約170万
ベスト641$7,835=約90万

同時開催中のリオ・オープンにはダニエル太郎が出場しています。

スポンサーリンク

TV Programs|放送予定

DAZNが独占生中継をします。

DAZNは、1ヶ月無料体験できます。

テレビ放送の予定はありません。

スポンサーリンク

Players|出場選手

64名が出場します。

シード選手は以下の16人です。

トップ10から9名、トップ20から15名が出場するハイレベルな大会です。

世界
ランク
プレーヤー
1位[1]大坂なおみ
2位[2]ペトラ・クビトバ
3位[3]シモナ・ハレプ
5位[4]カロリーナ・プリスコバ
6位[5]アンジェリック・ケルバー
7位[6]エリーナ・スビトリーナ
8位[7]キキ・バーテンズ
9位[8]アリナ・サバレンカ
10位[9]キャロライン・ウォズニアッキ
12位[10]アナスタシヤ・セバストワ
14位[11]ダリア・カサキナ
15位[12]ガルビネ・ムグルッサ
16位[13]ユリア・ゲルゲス
19位[14]キャロリン・ガルシア
20位[15]アネット・コンタベイト
21位[16]エリーゼ・メルテンス

ウォズニアッキがウイルス疾患のため棄権しました。

ウォズニアッキの代わりにラッキールーザーのヘルツォグが出場します。

スポンサーリンク

Draws|ドロー表・トーナメント表

ドロー表が発表され次第まとめます。

トップハーフ|大坂なおみ山

2019ドバイテニス選手権女子のドロー表(トップハーフ)

ボトムハーフ|ペトラ・クビトバ山

2019ドバイテニス選手権女子のドロー表(ボトムハーフ)

大坂なおみは2回戦からの登場で、順当に勝ち進むと、

  • 2回戦:ムラデノビッチ
  • 3回戦:[15]コンタベイト
  • 準々決勝:[6]スビトリーナ
  • 準決勝:[3]ハレプ
  • 決勝:[2]クビトバ

と試合予定です。

スポンサーリンク

Schedule|日程

大会スケジュールは以下のとおりです。

時差が5時間なので日本のゴールデンタイムから試合が始まり、観戦しやすいですね。

日付時間ラウンド
2/17(日)17:00~/24:00~1回戦
2/18(月)16:00~/24:00~1回戦
2/19(火)16:00~/24:00~2回戦
2/20(水)16:00~/24:00~3回戦
2/21(木)19:00~/24:00~準々決勝
2/22(金)19:00~/24:00~準決勝
2/23(土)22:00~/24:00~決勝
スポンサーリンク

History|大会の歴代優勝者

WTAドバイテニス選手権の過去10年の優勝者は以下のとおりです。

優勝者
2009年ビーナス・ウィリアムズ
2010年ビーナス・ウィリアムズ
2011年キャロライン・ウォズニアッキ
2012年アグニエシュカ・ラドワンスカ
2013年ペトラ・クビトバ
2014年ビーナス・ウィリアムズ
2015年シモナ・ハレプ
2016年サラ・エラーニ
2017年エリーナ・スビトリーナ
2018年エリーナ・スビトリーナ

2018年はスビトリーナが優勝

2018年はスビトリーナが決勝でカサキナに6-4,6-0でストレートで勝利して優勝し、2連覇を達成しました。

スポンサーリンク

Featured Players|注目選手と大会展望

大坂なおみ

全豪オープンで優勝し、世界ランク1位になった大坂なおみが第1シードで出場します。

直前に大坂なおみを引き上げてくれたサーシャ・バインコーチとの契約解除が発表されました。

「こんにちは、皆さん。サーシャとはもう一緒に仕事をしません。彼の仕事に感謝しています、そして彼の将来の活躍を祈っています。」

大坂なおみ(世界ランク1位)

今大会は、日本テニス協会女子代表コーチである吉川真司さんがコーチを務めるようです。

エリーナ・スビトリーナ

2017年、2018年と2連覇しているスビトリーナ。

全豪オープンでは準々決勝で大坂なおみに敗れましたが、前週のカタール・オープンでもベスト4進出をし、今大会も得意としているので注目です。

大坂なおみとの対戦成績は3勝3敗です。

スポンサーリンク

Results & Highlishts|結果とハイライト

日毎の注目試合とその結果、ハイライトなどをまとめていきます。

1日目|1回戦|2/17(日)~2/18(月)

センターコート

17:00~

ムラデノビッチ266
[WC]ナブアニ011
コルネ266
バボス043
[Q]Frech1364
[11]カサキナ2636

24:00~

[12]ムグルッサ2466
ヤストレムスカ1633
[WC]ブシャール266
ラプコ034

コート1

17:00~

シェイ・スーウェイ266
[10]A.セバストワ042
トムヤノビッチ1265
ザン2647
ツレンコ162
プチンセバ 【棄権】030

22:45~

[Q]Jorovic2466
[WC]エラーニ1642

コート3

17:00~

マカロバ1654
サスノビッチ2076
クズモバ277
[Q]ペラ06(2)6(3)
ベンチッチ267
[Q]ハラデツカ046(6)

2日目|1回戦|2/18(月)~2/19(火)

センターコート

16:00~

ジャバー267
ベキッチ046(9)
[13]ゲルゲス045
リスケ267
[Q]ブレイディ266
オスタペンコ040
[Q]Lin Zhu2567
[16]メルテンス1745

24:00~

[Q]アルアバレナ1712
チブルコワ2566
[14]ガルシア266
パブリュチェンコワ02

コート1

17:00~

ケニン266
ブザルネスク030
シニアコバ266
マーティッチ043
ストリコバ013
スアレス・ナバロ266

24:00~

[LL]ヘルツォグ032
[LL]フェーゲレ266

コート3

17:00~

[LL]ジャクポビック2166
ディアス1612
ザン276
[15]コンタベイト06(3)3

3日目|2回戦|2/19(火)~2/20(水)

センターコート

16:00~

シニアコバ1744
[2]クビトバ26(3)66
ジャバー 【棄権】06(4)0
[6]スビトリーナ174
[3]ハレプ276
[WC]ブシャール06(4)4
[5]ケルバー276
[LL]ジャクポビック06(4)3

24:00~

[1]大坂なおみ033
ムラデノビッチ266
チブルコワ1263
[4]プリスコバ2636

大坂なおみが初戦でムラデノビッチにまさかの敗戦となってしまいました。

コーチ解任やローレウス賞受賞などがあり、あまり集中できる状態では無かったのかもしれません。

次は、BNPパリバ・オープンに出場予定です。

コート1

17:00~

[7]ベルテンス1266(8)
クズモバ2647
[12]ムグルッサ276
ザン052
ツレンコ266(5)6
L. Zhu1473
[Q]Jorovic040
[8]サバレンカ266

コート2

17:00~

サスノビッチ012
シェイ・スーウェイ266
リスク266
コルネ023
[14]ガルシア266
[Q]ブレイディ020

コート3

17:00~

ケニン2626
[11]カサキナ1364
スアレス・ナバロ266
ザン044
[LL]フェーゲレ011
ベンチッチ266

4日目|3回戦|2/20(水)~2/21(木)

センターコート

16:00~

[Q]ブレイディ1563
[2]クビトバ2716
[3]ハレプ267
ツレンコ035
ムラデノビッチ055
スアレス・ナバロ277
リスク06(3)6(5)
[4]プリスコバ277

24:00~

[12]ムグルッサ012
[6]スビトリーナ266
ベンチッチ2627
[8]サバレンカ1466(7)

スビトリーナが第12シードのムグルッサを圧倒しました。

ベンチッチは第8シードのサバレンカを相手に、6本のマッチポイントを凌いで勝利しました。

コート1

17:00~

クズモバ2176
ケニン1652
[5]ケルバー1740
シェイ・スーウェイ2566

シェイ・スーウェイが第5シードのケルバーにフルセットで勝利しました。

彼女はよく上位選手を苦しめている印象があります。

5日目|準々決勝|2/21(木)~2/22(金)

センターコート

19:00~

シェイ・スーウェイ2617
[4]プリスコバ1465
クズモバ040
[2]クビトバ266

24:00~

[3]ハレプ1642
ベンチッチ2466
スアレス・ナバロ023
スビトリーナ266

ベンチッチ対ハレプが白熱していて面白い展開になりました。

ベンチッチは第2セット終盤から第3セット序盤にかけて6ゲーム連取しました。

ベンチッチが速いタイミングでどんどん攻めていき、ハレプがコート後方に追いやられていました。

特に、バックハンドでの鋭いクロスやダウンザラインが効いていました。

6日目|準決勝|2/22(金)~2/23(土)

センターコート

22:00~

シェイ・スーウェイ1624
[2]P.クビトバ2366

第2シードのクビトバがトリッキーなシェイ・スーウェイに苦しみながらも決勝進出を決めました。

シェイ・スーウェイはこの後ダブルスの準決勝も戦います。

0:00~

[6]E.スビトリーナ266(3)
ベンチッチ637

第2セットはお互いにミスが多かったですが、ファイナルセットはミスも減りプレーのレベルが上がっていました。

スビトリーナが5-4でサービング・フォー・ザ・マッチを迎えましたが、ベンチッチがブレークしました。

スビトリーナも3本のマッチポイントを凌ぐなど2連覇中のチャンピオンの粘りを見せましたが、惜しくも敗れてしまいました。

最後のポイントはベンチッチらしく、スライスリターンからのバックハンドのロブで決めました。

ベンチッチはこれでトップ10選手に3試合連続で勝利しています。

決勝では第2シードのクビトバと対戦します。

7日目|決勝|2/23(土)~2/24(日)

センターコート

0:00~

「ドバイデューティーフリーテニス選手権決勝、ペトラ・クビトバはWTAツアーの決勝で26勝8敗、一方ベリンダ・ベンチッチはトップ10選手を相手に調子が良い」

WTA公式

決勝は45位のベンチッチと4位のクビトバというカードになりました。

これまでクビトバは優勝26回、ベンチッチは優勝2回です。

ベンチッチ2616
[2]P.クビトバ1362

ベンチッチがクビトバにフルセットで勝利して優勝しました。

ベンチッチは2015年8月のトロント以来の優勝で、ツアータイトルは3つ目、プレミア5タイトルは2つ目です。

ランキングも45位から23位にジャンプアップします。

サバレンカ、ハレプ、スビトリーナ、クビトバとトップ10選手4人を倒しての優勝で、かつてのトップ10の力を取り戻したように見えます。

スイスの女子選手がこのドバイテニス選手権で優勝するのは、2001年のマルチナ・ヒンギス以来18年ぶりです。

スポンサーリンク

優勝はベンチッチ|海外のSNSの反応

「言葉はいらないわ。2019ドバイ!なんて週なの。」

ベリンダ・ベンチッチ(世界ランク45位)

「ベンチッチがタイトルへの道を切り開く!
ドバイデューティーフリーテニス選手権の優勝カップを求める4人のトップ10の相手を連続で破り、ベンチッチにとって素晴らしい1週間だ。」

全米オープン公式

「信じられない。素晴らしい。
ベンチッチがドバイでの素晴らしい1週間の後、タイトルへ4年間の待ち時間を終わらせる。」

全豪オープン公式

  • 国際テニス連盟(ITF)公認球
  • 耐久性の高いフェルトで摩耗しにくい
  • マッサージにも使える硬さ

ATPテニス最新世界ランキングトップ10選手

ATPテニス最新世界ランキングトップ10選手

WTA最新世界ランキングトップ10

WTAテニス最新世界ランキングトップ10選手

女子WTA
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
\RFをフォローする/
ささいな情報

コメント