【2019】BNPパリバ・オープン男子|放送日程ドロー結果|インディアンウェルズ|錦織西岡ダニエル出場

男子ATP
この記事は約12分で読めます。

BNPパリバ・オープン (BNP Paribas Open) 、アメリカ・カルフォニア州インディアンウェルズで毎年3月に開催される男女共催の大会です。

インディアンウェルズ・マスターズ(Indian Wells Masters)とも呼ばれます。

カテゴリーは男子がマスターズ1000、女子がプレミア・マンダトリーです。

この記事ではATPワールドツアー(男子)についてまとめます。

WTAツアー(女子)については以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

Tournament|大会概要

大会名BNPパリバ・オープン (BNP Paribas Open) or
インディアンウェルズ・マスターズ(Indian Wells Masters)
カテゴリーマスターズ1000
開催期間3/4(月)-3/17(日)
開催地アメリカ、インディアンウェルズ
時差-17時間(日本が17時間進んでいる)
開催会場インディアンウェルズ・テニスガーデン
サーフェス屋外ハードコート
ドロー96
賞金総額$7,913,405=約8億7000万

今大会の獲得ポイントと、2018年の賞金は以下のようになっています。

ポイント賞金
優勝1000$1,340,860=約1億5000万
準優勝600$654,860=約7,200万
ベスト4360$327,965=約3,600万
ベスト8180$167,195=約1,800万
ベスト1690$88,135=約970万
ベスト3245$47,170=約520万
ベスト6425$25,465=約280万
ベスト12810$15,610=約170万

このBNPパリバ・オープンと次のマイアミ・オープンを連続で優勝することを「サンシャイン・ダブル」と呼びます。

スポンサーリンク

TV Programs|放送予定

GAORAで連日生中継、WOWOWオンデマンド、Paraviでネット配信されます。

WOWOWテレビ放送×
GAORAテレビ放送
WOWOWオンデマンド配信
Paraviネット配信
WOWOW

グランドスラム全4大会を生中継で放送。
WOWOWメンバーズオンデマンドではATPツアー37大会を配信。
月額料金:2,300円(税込2,484円)
加入月は視聴料無し

スカパー!(GAORA SPORTS)

マスターズ1000(全9大会)、ATP500(9大会)、年間最終戦ファイナルズの計19大会を生中継中心に徹底放送。
月額料金:基本料390円(税込421円)+GAORA SPORTSチャンネル視聴料1,200円(1,296円)~
加入月は視聴料無し
※お得なセット・パックプランもあります。

スポンサーリンク

Players|出場選手

現時点での主な出場選手は以下のとおりです(世界ランクは2019年3月4日時点のもの)。

マスターズ1000の中でもドローの多い重要な大会なので、ほとんどのトップ選手が出場します。

1位[1]ノバク・ジョコビッチNovak DJOKOVIC
2位[2]ラファエル・ナダルRafael NADAL
3位[3]アレクサンダー・ズベレフAlexander ZVEREV
4位[4]ロジャー・フェデラーRoger FEDERER
6位[5]ケビン・アンダーソンKevin ANDERSON
7位[6]錦織圭Kei NISHIKORI
8位[7]ドミニク・ティエムDominic THIEM
9位[8]ジョン・イズナーJohn ISNER
10位[9]ステファノス・チチパスStefanos TSITSIPAS
11位[10]マリン・チリッチMarin CILIC
12位[11]ボルナ・チョリッチBorna CORIC
13位[12]カレン・カチャノフKaren KHACHANOV
14位[13]ミロシュ・ラオニッチMilos RAONIC
15位[14]ダニル・メドベージェフDaniil MEDVEDEV
16位[15]マルコ・チェッキナートMarco CECCHINATO
17位[16]ファビオ・フォニーニFabio FOGNINI
18位[17]ニコロズ・バシラシビリNikoloz BASILASHVILI
19位[18]ガエル・モンフィスGael MONFILS
20位[19]パブロ・カレーニョブスタPablo CARRENO BUSTA
21位[20]ダビド・ゴファンDavid GOFFIN
22位[21]ロベルト・バウティスタアグートRoberto BAUTISTA AGUT
23位[22]カイル・エドマンドKyle EDMUND
24位[23]アレックス・デミノーAlex DE MINAUR
25位[24]デニス・シャポバロフDenis SHAPOVALOV
26位[25]ディエゴ・シュワルツマンDiego SCHWARTZMAN
28位[26]グリゴール・ディミトロフGrigor DIMITROV
29位[27]ジル・シモンGilles SIMON
30位[28]ルカ・プイユLucas POUILLE
31位[29]マートン・フチョビッチMarton FUCSOVICS
32位[30]ラースロー・ジェレ
33位[31]ニック・キリオスNick KYRGIOS
34位[32]ギド・ペジャGuido PELLA
35位フランシス・ティアフォーFrances TIAFOE
37位ジェレミー・シャルディJeremy CHARDY
38位スティーブ・ジョンソンSteve JOHNSON
39位フィリップ・コールシュライバーPhilipp KOHLSCHREIBER
40位スタン・ワウリンカStan WAWRINKA
41位ジョアン・ソウザJoao SOUSA
42位ジョン・ミルマンJohn MILLMAN
43位ミハイル・ククシュキンMikhail KUKUSHKIN
44位ピエール=ユーグ・エルベールPierre-Hugues HERBERT
45位ドゥシャン・ラヨビッチDusan LAJOVIC
46位テイラー・フリッツTaylor FRITZ
47位アンドレアス・セッピAndreas SEPPI
48位キャメロン・ノリーCameron NORRIE
49位マシュー・エブデンMatthew EBDEN
50位マルティン・クリザンMartin KLIZAN
51位サム・クエリーSam QUERREY
52位アドリアン・マナリノAdrian MANNARINO
53位ラドゥ・アルボット
54位ダミル・ジュムールDamir DZUMHUR
55位ヤン・レナード・ストルフJan-Lennard STRUFF
56位レオナルド・メイヤーLeonardo MAYER
57位マッテオ・ベレッティーニMatteo BERRETTINI
58位フェリックス・オジェアリアシム
59位ライリー・オペルカ
60位マレク・ジャジリMalek JAZIRI
61位ハウメ・ムナルJaume MUNAR
62位マッケンジー・マクドナルド
65位デニス・クドラDenis KUDLA
66位ユーゴ・アンベール
67位ホベルト・ホルカシュHubert HURKACZ
68位ロビン・ハーセRobin HAASE
69位ブノワ・ペールBenoit PAIRE
71位ダニエル太郎
74位西岡良仁Yoshihito NISHIOKA
75位ミーシャ・ズベレフMischa ZVEREV
76位マリウス・コピルMarius COPIL
77位ジョーダン・トンプソンJordan THOMPSON
78位フェリシアーノ・ロペスFeliciano LOPEZ
79位エルネスツ・グルビス
80位フェデリコ・デルボニス
81位トマシュ・ベルディヒTomas BERDYCH
84位テニス・サングレンTennys SANDGREN
85位ピーター・ゴヨブジクPeter GOJOWCZYK
86位ニコラス・ジャリーNicolas JARRY
87位ヒューゴ・デリエン
88位ギド・アンドレオッシGuido ANDREOZZI
89位イボ・カルロビッチIvo KARLOVIC
90位ブラッドレー・クラーンBradley KLAHN
91位アルベルト・ラモスビノラスAlbert RAMOS-VINOLAS
93位パブロ・アンドゥハル
95位リカルド・ベランキス
96位イーラ・イバシュカ
97位プラジュネシュ・グネスワラン
99位マクシミリアン・マーテラーMaximilian MARTERER
100位ダニエル・エバンズ
スポンサーリンク

Draws|ドロー表・トーナメント表

BNPパリバ・オープン(ATP)のドロー表の発表は、日本時間3月6日午前8時からです。

ドロー表が発表され次第まとめます。

トップハーフ|ノバク・ジョコビッチ山

2019年BNPパリバ・オープン男子シングルスのドロー表1
2019年BNPパリバ・オープン男子シングルスのドロー表1

トップハーフ|アレクサンダー・ズベレフ山

2019年BNPパリバ・オープン男子シングルスのドロー表2
2019年BNPパリバ・オープン男子シングルスのドロー表2

ボトムハーフ|ロジャー・フェデラー山

2019年BNPパリバ・オープン男子シングルスのドロー表3
2019年BNPパリバ・オープン男子シングルスのドロー表3

ボトムハーフ|ラファエル・ナダル山

2019年BNPパリバ・オープン男子シングルスのドロー表4
2019年BNPパリバ・オープン男子シングルスのドロー表4

錦織圭は順調に勝ち進むと、

  • 1回戦:Bye
  • 2回戦:サングレン or マナリノ
  • 3回戦:[28]プイユ
  • 4回戦:[10]チリッチ
  • 準々決勝:[4]フェデラー
  • 準決勝:[2]ナダル
  • 決勝:[1]ジョコビッチ

と対戦予定です。

スポンサーリンク

Schedule|日程

大会スケジュールは以下のとおりです。

時差が17時間なのでデイセッションが明け方から、ナイトセッションが昼から始まる時間帯になります。

日付セッション開始時間ラウンド
3/8(金)デイ
ナイト
午前4:00
昼12:00
1回戦
3/9(土)デイ
ナイト
午前4:00
昼12:00
1回戦
3/10(日)デイ
ナイト
午前4:00
昼12:00
2回戦
3/11(月)デイ
ナイト
午前4:00
昼12:00
2回戦
3/12(火)デイ
ナイト
午前4:00
昼12:00
3回戦
3/13(水)デイ
ナイト
午前4:00
昼12:00
3回戦
3/14(木)デイ
ナイト
午前4:00
昼12:00
4回戦
3/15(金)デイ
ナイト
午前4:00
昼12:00
準々決勝
3/16(土)デイ
ナイト
午前5:00
午前11:30
準々決勝
3/17(日)デイ午前4:00準決勝
ダブルス決勝
3/18(月)デイ午前4:00決勝
時間は全て日本時間です。
スポンサーリンク

History|大会の歴代優勝者

BNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ)の過去15年の優勝者は以下のとおりです。

ほとんどフェデラー、ナダル、ジョコビッチで独占しています。

優勝者
2004年ロジャー・フェデラー
2005年ロジャー・フェデラー
2006年ロジャー・フェデラー
2007年ラファエル・ナダル
2008年ノバク・ジョコビッチ
2009年ラファエル・ナダル
2010年イワン・リュビチッチ
2011年ノバク・ジョコビッチ
2012年ロジャー・フェデラー
2013年ラファエル・ナダル
2014年ノバク・ジョコビッチ
2015年ノバク・ジョコビッチ
2016年ノバク・ジョコビッチ
2017年ロジャー・フェデラー
2018年ファン・マルティン・デルポトロ

2018年はデルポトロが優勝

2018年はデルポトロが決勝でフェデラーに6-4,6-7,7-6でフルセットで勝利して優勝しました。

デルポトロはマスターズ1000の決勝4回目にして初めて優勝できました。

全米オープンは優勝していますが、マスターズは取っていなかったんですね。

スポンサーリンク

Featured Players|注目選手と大会展望

ノバク・ジョコビッチ

ジョコビッチは今大会5度の優勝経験があり、フェデラーと並んで最多タイです。

2014年~2016年には3連覇もしており、ジョコビッチが元気に出場すれば優勝候補筆頭です。

全豪オープン以来の大会出場になります。

ラファエル・ナダル

ナダルは今大会3度の優勝経験があります。

全豪オープン準優勝の後は、メキシコ・オープンに出場しています。

ロジャー・フェデラー

フェデラーも今大会を5度優勝しています。

全豪オープン4回戦敗退後は、ドバイテニス選手権に出場しています。

2017年に全豪オープン、インディアンウェルズ、マイアミと立て続けに優勝していたのが記憶位新しいです。

この年は進化したバックハンドで4回戦でナダルも破りました。

スポンサーリンク

Results & Highlishts|結果とハイライト

日毎の注目試合とその結果、ハイライトなどをまとめていきます。

スコア速報は以下のサイトで見ることができます。

1日目|1回戦|3/8(金)

18歳のフェリックス・オジェアリアシムがノリーに勝利し、2回戦でチチパスと対戦します。

2日目|1回戦|3/9(土)

ワウリンカがエバンズに苦しみながらも初戦突破しました。

3日目|2回戦|3/10(日)

西岡良仁が第21シードのバウティスタアグートにストレートで勝利しました。

フォアハンドで軌道の高いボールを多く打っていました。

3回戦では、18歳のフェリックス・オジェアリアシムと対戦します。

彼は2回戦で第9シードのチチパスを倒すなど勢いに乗っている若手です。

4日目|2回戦|3/11(月)

錦織、ナダル、フェデラーらが3回戦進出を決めました。

錦織はマナリノにサービング・フォー・ザ・マッチまで追い詰められましたが、タイブレークに持ち込みなんとか勝利しました。

5日目|3回戦|3/12(火)

第3シードのズベレフが同国のストルフに敗れるという波乱が起きました。

西岡は18歳のフェリックス・オジェアリアシムとの2時間55分の激闘の末、2年ぶり2回目のベスト16入りを果たしました。

ファイナルセットは西岡が5-1とリードした状態からタイブレークの4-5まで追い詰められましたが、そこから見事に3ポイント連取して勝利しました。

オジェアリアシムは勝ちが見えて力が入っていました。

6日目|3回戦|3/13(水)

錦織がフルカチュにフルセットで敗れ、ドバイテニス選手権に続き2連敗となってしまいました。

ジョコビッチがコールシュライバーにストレートでいう波乱も起きました。

フェデラーとナダルは順当に勝ち上がっています。

7日目|4回戦|3/14(木)

ナダル、フェデラーが順当にベスト8に進出しました。

好調のモンフィスと、調子を取り戻したティエムもベスト8に進出です。

8日目|準々決勝|3/15(金)

ラオニッチがラッキールーザーから勝ち上がってきたケツマノビッチに快勝でベスト4に進出しました。

モンフィスは試合直前に棄権を発表しました。

9日目|準々決勝|3/16(土)

フェデラーはホルカシュにストレートで勝利しました。

ホルカシュの憧れの人はマイケル・ジョーダンとロジャー・フェデラーだそうです。

接戦だったので、いい経験になったと思います。

ナダルはカチャノフになんとか勝利しましたが、第2セット途中に右膝のメディカルタイムアウトを取りました。

その後もいつものようには走れていなかったので、準決勝が心配です。

準決勝のカードは、ティエム対ラオニッチ、フェデラー対ナダルです。

10日目|準決勝|3/17(日)

ティエムがラオニッチにフルセットで勝利して、決勝に進出しました。

ナダルは右膝の怪我で棄権したため、決勝はティエム対フェデラーです。

11日目|決勝|3/18(月)

ティエムがフェデラーをフルセットで下して、マスターズ1000初優勝を果たしました。

ティエムは第2セットからリターンで下がったりするなど、クレーコートのような戦い方をしていました。

フェデラーは最後の方はドロップショットを連続でするなど、疲れている様子でした。

表彰式では、ティエムはフェデラーを謙虚に讃えていました。

フェデラーはニコニコしながら話を聞いていました。

次の大会は3/21(木)から始まるマイアミ・オープンです。

ATPテニス最新世界ランキングトップ10選手

ATPテニス最新世界ランキングトップ10選手

WTA最新世界ランキングトップ10

WTAテニス最新世界ランキングトップ10選手

男子ATP
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
\RFをフォローする/
ささいな情報

コメント