【個人】タスク管理ツールTrelloの使い方・おすすめ

パソコン
この記事は約6分で読めます。

前回の記事で「Trello」の特徴・登録方法・始め方についてご紹介したので、今回はTrelloの使い方についてご紹介します。

Trelloはとてもシンプルで直感的に操作できるので、誰でも簡単に使えるようになります。

スポンサーリンク

カードの追加

まずはカードを追加してみましょう。

「+さらにカードを追加」をクリックし、カードのタイトルを入力して「カードの追加」または「Enterキー」を押すとカードが追加されます。

例えば、「筋トレ」というカードを追加してみました。

スポンサーリンク

カードの詳細

カードをクリックすると以下の画面になり、カードの詳細を入力することできます。

チェックリスト

「チェックリスト」を選択すると以下の画面になるので、チェックリストの「タイトル」を入力して、「追加」または「Enterキー」を押します。

例えば、「自重」というチェックリストを追加します。

すると、カードの詳細に「自重」というチェックリストが作成されます。

ここに、「項目を追加」していきます。

例えば、「腕立て伏せ」、「スクワット」、「腹筋」、「背筋」という項目を追加します。

チェックリストで完了したものをチェックすると、何%完了したかメモリで可視化してくれます。

さらに、リストのカード一覧にも何分の何完了したのかが表示されます。

コメント

「コメントを追加」にコメントを入力して保存することでカードにコメントを追加できます。

例えば、「腕立て伏せ20回できるようになった」などのメモを残せます。

すると、「アクティビティログ」のところに入力したコメントが表示されます。

コメントは後から自由に「編集」、「削除」することもできて便利です。

ラベル

「ラベル」を選択することで、カードにラベルを割り当てることができます。

色の右の編集マークをクリックし、「名前」を入力することで各色に対応するラベルを作成できます。

例えば、緑は「趣味」、黄色は「仕事」、オレンジは「健康」などのようにラベルを作成します。

筋トレは「健康」のラベルをつけたいので、オレンジ色の「健康」をクリックすると、以下のようにカードにラベルがつけられます。

いろんなカードにラベルをつけることで、ひと目でどのラベルのタスクなのかがわかります。

ファイルの添付

「添付ファイル」をクリックすると、カードにファイルを添付することができます。

例えば、「ローカルコンピュータ」の筋トレに関連する画像を添付してみます。

すると、カードの詳細に以下のように画像が添付されます。

リストのカード一覧にも写真が表示されています。

期限

「期限」をクリックすると、そのタスクを完了する期限を設定できます。

例えば、今日の23:59に設定してみます。

すると、カードの詳細に期限が表示されます。

期限が近くなるにつれて期限の色が強調されてきますので、ひと目で期限が近いタスクがわかります。

リストのカード一覧でも期限がわかりやすく表示されています。

詳しい説明

カードに詳しい説明を書くこともできます。

カードのタイトルに書ききれなかったことを書いておくと便利です。

スポンサーリンク

カードの移動

作成したカードはドラッグ&ドロップで簡単に移動することができます。

リスト間を移動したり、カードを並び替えたりするのも一瞬です。

リストを並べ替えることもできます。

スポンサーリンク

Googleカレンダーと連携する方法

Trelloでの設定

「Trello」と「Googleカレンダー」を連携する方法をご紹介します。

ボード画面から「ボードメニュー」を開き、「Power-Up」を選択します。

いろいろな拡張機能が一覧で表示されるので、その中から「Calendar」を見つけ「追加」を押します。

すると、ボードの右上に「カレンダー」というメニューが表示されるようになるので、クリックします。

期限を設定したカードがここのカレンダーに表示されます。

ここで、右上の歯車マークの「設定」を開きます。

「同期を有効化」を選択します。

「iCalendarフィード」が表示されますので、このURLをコピーします。

Googleカレンダーでの設定

Googleカレンダー」にアクセスします。

左側のメニューの「カレンダーを追加」の右の点3つをクリックし、「URLで追加」を選択します。

「カレンダーのURL」にさきほどコピーした「iCalendarフィード」のURLをペーストし、「カレンダーを追加」します。

すると、Googleカレンダーにさきほど設定した「筋トレ」カードと期限が表示されました。

これで、TrelloとGoogleカレンダーの同期は完了です。

スポンサーリンク

おすすめの使い方2選

おすすめの使い方を2つご紹介します。

月別の完了リストでやったことを可視化

1つ目は上の画像のように、月別の完了リストを作成することです。

ある程度長期間「Trello」を使っていくと、「完了」リストにカードがどんどん溜まっていきます。

あとで見やすくするためにも月別の完了リストを作成しておくと便利です。

見返したときに、この月はこんなにがんばったんだなーと実感することもできます。

「人生の目標」ボードを作成

2つ目は「人生の目標」ボードを作成することです。

ボードのホーム画面に戻り、「ボードを作成」をクリックします。

例えば、「Life Goals」という名前のボードを作成します。

このボードに、例えば、「短期」、「中期」、「長期」のタスクを作成しておくのです。

背景やカードの画像を工夫して、よりモチベーションが上がるようにすると良いと思います。

人生の目標のタスク管理までもが「Trello」なら簡単にできるのです。

スポンサーリンク

Trelloは個人で使うにも便利なツール!

Trelloはチームやプロジェクトメンバーなどと共同で使うにも便利なツールですが、個人で使うにも非常に便利なツールに変わりありません。

Trelloを使いこなして、日々のタスクや人生のタスクを管理し、目標を達成していきましょう。

実物のふせんでもタスク管理したい方は、以下の卓上タイプがおすすめです(ふせん390枚入り)。

  • 時間軸に沿って付箋をはるだけ
  • 卓上タイプなので、ひと目でスケジュールの確認ができる
  • 他の人にも抱えているタスクを知ってもらえる

最後に、「Trello」に関する非常に面白いPodcastがあるので、リンクを載せておきますね。

「Trello」への情熱や、徹底したタスク管理など、めちゃめちゃ意識が高いです。笑

1時間11分と長いですが、オンライン英会話やブログなど私が関心のある話もあるので、何回か聞いています。笑

コメント